知っておきたい!車の知識

運転中の携帯電話使用に関する道路交通法の変化

携帯電話は現代の日本人にとって必要不可欠なものです。便利である反面、様々な弊害も発生していることを見落としてはいけません。


その中の一つとして運転中の携帯電話の使用です。携帯電話の利用が原因で起こった事故は多く発生しています。現状、これに関する規制はどうなっているのでしょうか?


運転中の自転車、原動機付自転車の携帯電話使用に関して、1999年の道路交通法改正の段階で既に規定が盛り込まれています。


無線通話装置を通話に使用すること、画像表示用装置を注視するのが禁止されました。違反して事故を起こした場合などには3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金となりました。


これにより、携帯電話の使用が関わった交通事故は一時的に少なくなりましたが、すぐに増えてしまいました。


そして2004年に改正されました。無線通話装置を手に持って通話のために使用すること、画面表示用装置を手に持って表示された画面を注視するという行為自体に対して5万円以下の罰金となりました。


交通反則通告制度の対象で、携帯電話使用等(交通の危険)違反の場合は反則金は9000円・減点2点となり、帯電話使用等(保持)違反の場合は反則金6000円・減点1点となります。


携帯電話を手に持ってで少し話すぐらい大丈夫でしょ、事故なんてそうそう起こらないと思っているかもしれませんが、そういう人ほど危ないです。両手でちゃんとハンドルを持っていても事故が起こるぐらいなのに、片手なんて相当危ないです。


ちなみにハンズフリーのものだったら片手運転にならないし大丈夫なのでは?と思うかもしれませんが、都道府県の条例によって禁止されていることもありますから注意して下さい。またハンズフリーといえど運転に対する集中力が下がってしまいますので気をつけなければなりません。


高く買い取ってもらうために

 

車買取豆知識

 

知っておきたい!車の知識

 

ダイエット専用クッキー