知っておきたい!車の知識

自動車廃車時の抹消登録について

自動車の所有者が登録抹消の手続きを行い、ナンバープレートを取り外した後に廃車という流れになります。そして運輸支局や軽自動車検査協会に登録されている自動車情報が抹消されます。


抹消登録には一時抹消登録、永久抹消登録、輸出抹消登録の3種類があります。


一時的に自動車の使用をストップする場合は一時抹消登録、解体して使用することがない場合は永久抹消登録、車を輸出する場合は輸出抹消登録をします。


抹消する際には申請書、手数料納付書、自動車検査証、ナンバープレート、印鑑証明書、委任状が必要です。


乗らなくなった車は売ることが多いかもしれませんが、あまりにボロボロな車とかだと解体処分になるでしょうから覚えておきましょう。


自動車リサイクル法とは?


2005年1月に自動車リサイクル法という法律が施行されました。これは販売業者のみならず車の所有者にも関わってくるものです。この法律により現在、車を売るときにはリサイクル券が必要になります。


新車を購入する際リサイクル料金を支払うことでリサイクル券が貰えます。車を売る際にこの券も次の所有者の手に渡って、リサイクル料金が還ってきます。


つまり、最後の所有者以外、リサイクル料金を負担する必要が無いということです。粗大ごみを出す時にかかる処理手数料みたいなものですね。


このリサイクル料金は使用済みの自動車を適正に処理するために使われます。


★シュレッダーダスト料金
使用済自動車の破砕くずのリサイクルにかかる料金です


★フロン類料金
カーエアコンの冷媒に含まれている、フロン類の破壊にかかる料金です


★エアバッグ類料金
エアバッグ類のリサイクルにかかる料金です


この3つを合わせて7000円から18000円ぐらいとなります。


★情報管理料金(130円)
使用済自動車の処理状況の情報管理等にかかる料金です


★資金管理料金(380円)
リサイクル料金の管理、収納等にかかる料金です


この料金はメーカーや輸入業者によって異なりますから確認しましょう。


高く買い取ってもらうために

 

車買取豆知識

 

知っておきたい!車の知識

 

ダイエット専用クッキー