高く買い取ってもらうために

車を売るのに良い時期と悪い時期がある??

車を売るなら出来る限り高く!と誰もが思うと思います。価格は時期的なものも影響してきます。では、高く売れる時期はいつなのでしょうか?


3月


1年の中で3月が1番高く売れると言われているんです。その理由としては以下のものが考えられます。


★新生活の準備として
3月というのは転機の時期です。転勤や新社会人になった際に、新しい生活を始める人が多いです。そのタイミングで車も購入する人が多いのです。


★ディーラーの決算期
これはどこの業界でも一緒ですかね。


★自動車税の影響
自動車税は4月1日の時点で所有者が納税するものです。乗り換えるなら税金を払う前にしよう、と考える人が多いです。


実際に3月というのは中古車の販売台数が増えています。春頃に売ろうと考えている人は3月を狙うのがよいのではないでしょうか。


モデルチェンジ前


モデルチェンジに関してしっかり注意しておくべきでしょう。新しいモデルが出てしまうと1世代古くなってしまい、買取価格が急落しやすいです。


また、競合車のモデルチェンジも急落の要因になります。競合車の新型に乗り換える人が多ければ1世代前の同型車の中古車が増えて買取価格が下がってしまいます。


国産車の場合は大体4、5年でフルモデルチェンジ、2、3年でマイナーチェンジします。その時期は9月から11月ぐらいが多い傾向にあります。モデルチェンジする前に売ってしまいましょう。


他にも春、夏のボーナス前に軽自動車やコンパクトカーがよく売れたり、夏休み前や冬にアウトドアに向いている車(RVや4WD)がよく売れる傾向になり、査定額も高くなります。高く売りたければ時期的なものもしっかりチェックしましょう。


走行距離5万km以内に売ったほうが良い?


買取価格は走行距離5万kmを超えてしまうと下がってしまう、という話がありますが、本当なのでしょうか。


確かに走行距離というのは買取価格に大きく影響します。走行距離が短いほうが高いというのは明らかですが、5万kmというのは特別なのでしょうか?


買取業者さんによると一概に言えるわけではないですが、大きく下落してしまう場合もあるようです。数字のイメージ的なもので、5万kmを超えてしまうとかなり走ったような感じがしてしまうのでしょうか。


とは言え、最近の車は頑丈な造りになっていて寿命も伸びているので昔よりは価格が落ちにくいようですが、5万kmを超えないうちに査定したほうが高く買い取って貰える可能性は高いでしょう。


査定当日に契約すると高く売れやすい?


査定当日に契約すると高く売れる確率が高くなるという話がありますが本当なのでしょうか?買取業者さん曰く、それは本当のようです。1ヶ月、2ヶ月後でもさがってしまいます。


時間が経つことで走行距離は増えますし、傷も増えてしまって車自体の状態は悪くなりますし、新車の発表などがあるとマイナスになってしまいます。


他にも時間の余裕があると業者さんは他社の買取価格を比較したりします。最初100万円の査定額を提示していたけれど、他社は90万円ぐらいだからもう少し下げても大丈夫だろう...なんてこともあり得ます。


ただ全ての場合がそうとは限りませんし、自分で色々回ってみて査定してもらうと他に高く買い取ってもらえる業者が見つかるかもしれません。しかし、出来る限り早めに動くことは大切だと思います。


高く買い取ってもらうために

 

車買取豆知識

 

知っておきたい!車の知識

 

ダイエット専用クッキー