高く買い取ってもらうために

「下取り」と「買取り」車を売るならどちらがお得?

下取りは車を購入する時に旧車を買い取ってもらう契約のことです。ただ、この下取りと買取はどちらがお得なのでしょうか?


下取りはこれから車を買うということでその分おまけしてくれて高い値段になるのでは?と思うかもしれませんが、実はそうとも限りません。


新車販売のディーラーというのは中古車販売に関しては専門家というわけではありません。ですから中古市場の動きをしっかり反映することが難しいのです。


それに加え、ディーラーには販売経路が限られています。した取りした車は系列の中古車展示場で販売するぐらいにとどまります。


一方買取業者の場合は中古車販売店やオークション、輸出などなど様々な販売ルートがあります。専門でやっているので売却のスピードも速いですし在庫のリスクも少ないのでその分高く買い取ってくれるのです。


また、ディーラーによる下取り査定はマニュアルに従ってやっているだけなので、社外パーツやチューニング、改造をプラスの要素として算出してくれないというデメリットもあるのです。


そもそも下取りの場合、売却金が新車の値引きに回されます。その値引きが下取りによる値引きなのか、単なるサービスの値引きなのかが判別しづらいです。悪いディーラーの場合かなりごまかされてしまうかもしれません。


ただし、すべての場合において下取りのほうが損という訳ではなく、高く買い取ってもらえることもあります。低年式車、過走行車でも値段がつきやすいというメリットもありますからね。


ですからとりあえず「ズバット 車買取比較」で相場価格を把握しておいてから下取り価格を出してもらうほうが良いでしょう。


高く買い取ってもらうために

 

車買取豆知識

 

知っておきたい!車の知識

 

ダイエット専用クッキー