車買取豆知識

事故車、不動車、改造車、車検切れ車...訳ありの車も一括査定出来る?

普通の状態の車であれば問題なく一括査定の依頼ができちゃいますが、事故車や不動車、改造車、車検が切れてしまった車などは査定出来るのでしょうか?「ズバット 車買取比較」の場合で見てみましょう。


事故車


一括査定依頼サービスは利用できます。しかし、査定の金額は低くなります。査定の時、車体を細かくチェックするので、一見事故車かどうか分からないような車でも分かります。


不動車


一括査定依頼サービスは利用できます。ただ、当然査定額は低くなりますし、対応してくれる買取業者は少ないです。


改造車


一括査定依頼サービスは利用できます。しかし、改造の度合いによっては査定できないこともありますし、業者ごとに対応が異なります。


車検切れの車


車検切れ、車検直前の車でも一括査定依頼サービスは利用できます。ただし車検のない車は公道を走ることが出来ないので、売却が決定した場合は仮ナンバーを取得するか積載車が必要となり、費用がかかります。


どのような状態の車でも一括査定依頼サービスは利用できるようです。訳あり車を査定して貰える業者は少なくなってしまいますが、一括査定だったら簡単に見つけることが出来ますから、最初から無理だと諦めずに査定してみましょう。


外車やクラシックカー、法人車、ローン残債あり...こんな車でも一括査定はできますか?


外車やクラシックカー、法人車などちょっと特殊な車でも一括査定出来るのでしょうか?「ズバット 車買取比較」の場合で見てみます。


外車


外車や輸入車も一括査定依頼サービスは利用できます。輸入車の買取が得意な業者も増えています。海外製の社外品パーツなどの装備もアピールポイントになります。


クラシックカー


クラシックカー、旧車も一括査定依頼サービスは利用できます。しかし対応できる業者は限られているのでお住まいの地域で査定できないかもしれません。また、車種によっても査定できないことがあるので確認して下さい。


法人車


法人車、社用車、公用車も一括査定依頼サービスは利用出来ます。必要な書類は個人の車を売る時と同じです。積載量の多いライトバン、ワンボックスカーなどは特に海外での需要が高いので高額査定が期待できます。


ローンが残っている車は...


ローンが残っていても一括査定依頼サービスは利用出来ます。売却する時にローンを清算しますが、買取業者が代行してくれるのがほとんどです。買取金額がローン残債より高ければ差額が入ってきますが、逆の場合は支払いとなります。


大抵の場合は一括査定できちゃうのでとりあえず査定してもらいましょう。


改造車は査定にどう影響するのか?


改造車は高額査定してもらえる可能性があります。社外パーツでも取り外さずに査定依頼してみましょう。取り外すのにも費用がかかりますしね。


しかし、業者によって査定基準が異なります。パーツの価値を判断するのが得意では無かったりすることも...。多くの業者に査定を依頼して高く買い取って貰える所を見つけましょう。


社外パーツ


★オーディオ
メーカー純正品や人気ブランドなどは評価が高めです。


★カーナビ
HDDや地デジ対応テレビが搭載している機種は特に人気が高いです。最新機種は高額査定の可能性が高いです。


★エアロパーツ
★マフラー
車検に対応しているものであればプラスに査定してもらえることもあります。


足回り


★ローダウン


★車高調
長さが調整可能な「ショックアブソーバー」は高額査定の可能性が高いです。


★エアサスペション
人気の改造です。認可が必要で、査定時に公的書類の提示が必要です。


★タイヤ
車とのバランスが良いと更に高く買い取ってもらえる可能性が高いです。


★ホイール
有名なメーカーの物、デザインの良い物は人気が高く価値が落ちにくいです。物によっては単体でも買い取って貰えます。


査定が下がってしまう改造やパーツは車検に対応していないものです。お金がかかっていても仕方ないです。ですから、取り外した純正品はしっかり保管しておきましょう。


事故車の査定額が下がる定義について


中古車の査定において事故車というのは修復歴車と呼ばれます。その定義は「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」です。


修復歴車の場合、査定金額はやはり下がってしまいますが、売却は出来ます。また、軽い事故などの場合は修復歴車に定義されない場合もあるのです。


もう少し詳しく説明すると修復歴車とは、フレーム(サイドメンバー)、クロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア、ラジエータコアサポート...といった部位を交換、修復したことのある車を指します。


ボディの外側のパーツを交換、修理したとしても修復歴車にはならず、つまり査定には響きません。


動かなくなった車はさすがに廃車するしかない?


不動車の処理をディーラーに相談すると殆どの場合廃車をすすめられます。ただ、その通り廃車にしてしまうと損してしまうこともあります。


というのも現在不動車の買取対応をしている買取業者が増えてきているのです。このような業者は海外に販売ルートがあるため、輸出して儲けているのです。


日本では廃車にしなければならない状態でも、修理することで乗れるようになることもあります。故障しにくく、燃費の良い日本車はとても人気が高いです。


また、不動車を分解してパーツだけにして活用するということもあります。廃車してしまう前に一度「ズバット 車買取比較」などの一括査定依頼サービスで売れる所を探してみたほうが良いかもしれません。


廃車にしてしまうと逆に引き取り費用や解体・スクラップ費用、廃車手続き代行費用などなどお金がかかってしまうのです。ですから買い取って貰えるように、査定だけでもしたほうが良いでしょう。


査定の際は保管状況などもしっかり申告して下さい。長く放置している不動車の場合、サビてしまったりタイヤなどのゴム類が劣化したりします。車の状況をしっかり把握してから見てもらいましょう。


番外編:リコール対象車の査定について


自分が購入した車がもしリコールの対象になっても落ち度はありません。しかし、そのことで買取価格が下がってしまうのではないのかと心配している方も多いかもしれません。


ですが、リコール対象車だからといって不当に低い値段になるということはありません。しっかり修理がされていれば影響しません。不具合が直っていない場合はダメですが。


業者はリコールの情報をしっかりと把握しています。不具合の箇所もどのように修理されたかも知っていて査定してくれます。


リコールの対象になったことは無いし、そんなアンラッキーなこと早々ないでしょ?と思っている人も多いかもしれませんが、意外に多いんですよね。


2014年度は特にリコールの件数が多く、国産車・輸入車合わせて950万台以上がそれに該当しました。日本の乗用車保有台数は約6000万台ですから、大体6台に1台ぐらいはリコール車だったということですよね...結構高い確率です。


リコール対象なのかどうか、中古車を買うときや所有している時はしっかり調べた方が良いかもしれませんね。


高く買い取ってもらうために

 

車買取豆知識

 

知っておきたい!車の知識

 

ダイエット専用クッキー