車買取豆知識

車を査定・売却する際に必要な書類について

車を査定、売却する際にはいくつか書類が必要になります。初めての方はもちろんのこと、売却経験がある人でも忘れていると思います。というわけで必要書類をまとめていきます。


車を査定するときに必要な書類


査定する際に必要な書類は2つあります。ただ、2つとも運転時の携行義務があるので車の中に常備されているはずです。ですから用意は簡単です。


★車検証(自動車検査証)
自動車保安基準に適合していることを証明した書類です。紛失した場合は運輸支局で再発行して下さい。


★自賠責保険証明書
自賠責保険の加入を証明する書類です。紛失した場合は保険会社に連絡して再交付してもらってください。


車を売却するときに必要な書類


売却する時は名義変更などをするため、車を査定する時より必要な書類は多いです。名義変更の手続自体は買取業者にお任せできますが、書類に関しては自分で用意しなければなりません。


査定時と同様、車検証と自賠責保険証明書は必要です。それにプラス、以下の書類も必要になります。


★自動車税納税証明書
自動車税を支払い済みかどうかを証明するための書類です。どこに保管しているか把握していますか??紛失した場合は各都道県の税事務所か自動車税胃管理事務所で再交付して下さい。


★譲渡証明書
車を譲渡する時や名義変更する時に必要な書類です。買取業者やディーラーが用意してくれるのが一般的です。


★実印、印鑑登録証明書
譲渡証明書には実印の捺印が必要になります。そのため、実印と印鑑登録証明書を用意して下さい。印鑑登録証明書は市区町村の役所で発行して下さい。


★リサイクル券
リサイクル料金が支払ってあることを証明する書類です。見つけられない場合は「自動車リサイクルシステム」のHPで「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷して代用して下さい。


★口座番号
現金払い出来る業者もありますが、多くの場合、売却代金の支払いは振込になります。


面倒だなあと思うかもしれませんが、しっかりと準備しておいてスムーズに取引できるようにしておきましょう。


高く買い取ってもらうために

 

車買取豆知識

 

知っておきたい!車の知識

 

ダイエット専用クッキー